将来の店舗開業に必要なものを知っておく

これから店舗開業する場合には、事前の準備が重要です。開業して成功するためには準備8割といわれています。準備がしっかりできているかどうかで、その後の結果の8割が決まってしまうことを意味します。
そこで、店舗を開業するために必要なことを知っておくべきですが、まずはお金がないと開業することができません。飲食店を開業することを例にとると、フランチャイズでなくても1000万円ぐらいのお金は準備しておくことが重要になります。
お金の内訳は、テナントを借りるときの費用、設備や備品を購入する費用、内外装にかかる費用、そして運転資金です。これらのお金をすでに所有していればスタートでつまずくことはありませんが、資金を所有していない場合は、借り入れをする必要があります。

資金の借り入れはどのように行うか

最初から銀行に借り入れを依頼してもなかなか貸してくれないでしょう。基本的に信用やコレクションがないとお金を貸してくれません。担保や保証人を用意しても貸してくれない可能性が高いです。ですが、銀行以外にも親や知人などから金を借りる方法もあります。また、公共機関である
日本政策金融公庫からお金を借りる方法もあります。
消費者金融から借りることもできますが、基本的に年利が高くなりますのでその分の負担は頭に入れておかなければなりません。1社だけから借り入れる場合、極度額が低く設定されますので、
店舗開業が目的の場合は複数の消費者金融から借りることになります。
ただし、いずれの場合であっても100パーセント借り入れに頼るのではなく、できるだけ自分でお金を用意することが必要です。目安としては初期費用の半分かあるいは3分の1程度のお金は自分で準備をしておく必要があります。

お店のコンセプトや周辺エリアを調査する

お金が準備できたらお店のコンセプトを明確にする必要があります。例えば、何歳ぐらいのお客さんをターゲットにするのか、男性と女性のどちらをターゲットにするのか、メインになる商品は何かなどを決めておくべきです。
それと同時に場所探しも重要になります。自分が出店するお店の周りにライバル店がたくさんあれば当然不利になります。ライバル店が少ない場所を選ぶのも利益を出すためのポイントの一つです。
人通りが多いかどうかも店舗開業で成功するための重要なファクターになります。人通りが多ければ多くの人の記憶に焼きつきます。看板が出ているだけで十分なアピールになるでしょう。人通りが多い場所を探すには、実際に自分で歩いてみることが重要です。お店を開店する時間帯に合わせて歩いてみるとよいでしょう。